大鶴 任彦

「Orthopaedics」誌8月号の特集ー大腿骨頭壊死症 最近の進歩ーが刊行されました

「Orthopaedics」誌8月号の特集ー大腿骨頭壊死症 最近の進歩ーが刊行されました

大鶴 任彦

「Orthopaedics」誌8月号の特集ー大腿骨頭壊死症 最近の進歩ーが刊行されました

「Orthopaedics」誌8月号の特集ー大腿骨頭壊死症 最近の進歩ーが刊行されました

全国誌である、「Orthopaedics」8月号の特集ー大腿骨頭壊死症 最近の進歩ーが刊行されました。

以前からお知らせしていた、東京女子医大整形外科で研究していた、腎移植患者様の膝関節、股関節の壊死や骨折の調査結果です。

このように、私には変形性膝関節症に対する再生医療のほかにも、様々な研究テーマを持っております。

それぞれの臨床経験はその場で終わらせた場合、ただの密室治療=自己満足になってしまいます。

しっかり論文を執筆することで、今後も世界にトピックスを発信していきたいと思います。

リンクはこちら

https://www.zenniti.com/f/b/show/b01/1233/zc01/1.html

大鶴 任彦

【執筆者】大鶴 任彦 院長

<資格>医師免許(医籍登録番号398936)/医学博士(学位証明番号 乙第2899号)/日本整形外科学会認定専門医/日本股関節学会学術評議員/身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)/厚生労働省認定臨床研修指導医