上原

ウォーキングが膝の負担になってるって知っていましたか?

ウォーキングが膝の負担になってるって知っていましたか?

上原

ウォーキングが膝の負担になってるって知っていましたか?

ウォーキングが膝の負担になってるって知っていましたか?

大宮院のブログをご覧の皆様、こんにちは!

 

看護師の上原です。

 

最近肌寒くなってきましたね。

 

寒いと膝の痛みが増すという方、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

これから寒くなるこの時期にこそ、是非膝の治療を検討下さい。

 

さて、今回は「ウォーキング」についての話をしたいと思います。

 

秋の紅葉

 

よく「健康のために1日1万歩ウォーキングしてるの」「筋肉をつけてれば膝の痛みが減るかなとおもって、頑張って歩いてるの」といった方がいらっしゃいますが、実はこれ膝にとっては逆効果なんです!!

 

 

「ウォーキング」は「膝にとったらマイナス」なんですね。

 

 

歩く時には体重の3倍の負荷が膝にかかります。

 

 

つまり、変形性膝関節症の方が頑張ってウォーキングをするのは膝へのダメージを増やしてしまう事に繋がってしまうのですね。

 

無理なウォーキングはお膝にとっての負担になるだけですので、控えるようにしましょう。

 

歩かない事で筋力が落ちないか心配される方もいると思いますが、当院では膝に負担がかからないように出来るリハビリのアドバイスを行っています。また、スポーツされている方に対しても、膝に負担をかけないためにはどうしたら良いかアドバイスしております。

 

また、当院ではも自宅で簡単にできるトレーニングを動画で紹介している「ひざチャンネル」というものがございますので是非ご覧になって下さい。