大鶴任彦

膝への注射はいつまで続けるべきか 【ヒアルロン酸注射、ブロック注射、第三の注射であるバイオセラピーについて】 

膝への注射はいつまで続けるべきか 【ヒアルロン酸注射、ブロック注射、第三の注射であるバイオセラピーについて】 

大鶴任彦

膝への注射はいつまで続けるべきか 【ヒアルロン酸注射、ブロック注射、第三の注射であるバイオセラピーについて】 

膝への注射はいつまで続けるべきか 【ヒアルロン酸注射、ブロック注射、第三の注射であるバイオセラピーについて】 

当院の作製しているブランドサイトに、「膝への注射はいつまで続けるべきか 【ヒアルロン酸注射、ブロック注射、第三の注射であるバイオセラピーについて】」というテーマで最新情報を掲載しました。

一般的にどこでも行われている、ヒアルロン酸注射、ブロック注射と、我々の治療を受ける目的は人によって異なります。

それぞれの注射の特長をわかりやすくまとめ、かつ当院のバイオセラピーの治療成績についても述べています。

ご興味のある方はぜひ見て下さい。

https://www.knee.or.jp/about-oa/injection/

大鶴 任彦

【執筆者】大鶴 任彦 院長

<資格>医師免許(医籍登録番号398936)/医学博士(学位証明番号 乙第2899号)/日本整形外科学会認定専門医/日本股関節学会学術評議員/身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)/厚生労働省認定臨床研修指導医