片岡

ゲストからのお声

ゲストからのお声

片岡

ゲストからのお声

ゲストからのお声

皆様こんにちは(^^)/ コンシェルジュの片岡です。

今年もあっという間に6月となりました☔

雨で外に出れなくても、自粛期間中にご紹介したリハビリ運動にぜひチャレンジしてみてください♪

 

それでは本日は当院で治療を受けられた方のお声を皆様へお届けします。

70代・男性の方です。この方は培養幹細胞治療を受けられました。

4年程前から膝痛が気になり、当院を受診される前は

お住まいの近くにある整形外科で電気治療とヒアルロン酸注射とマッサージで経過をみていたそうです。

お痛みが改善しないことから、何か他の治療法はないかとインターネットで調べて当院を見つけたと仰ってました。

 

実際に当院で診察を受けられた後、変形性膝関節症と診断がありました。

治療についてご説明したときに、

①入院をしておこなう手術がないこと

②身体への負担が少なく治療できること

この2点で培養幹細胞治療を受けられる決心がついたそうです。

変形性膝関節症は加齢に伴う疾患で、誰もがなるものです。

この疾患は進行していきますので、80代になる前に70代のうちに治療しておきたいとのことでした。

 

治療を受けられ、大変喜ばしいことに効果のご実感をいただくことができました。

この男性のお話しによると、治療後も医師からの説明をしっかりと守っていただき

尚且つ、筋力をつけようと無理のない範囲でリハビリ運動を積極的におこなわれたそうです!

リハビリ運動を継続しておこなうことにより、治療の効果もあいまって膝痛は改善しつつあると仰せでした✨

 

これから治療を検討されている方に対してのアドバイスを伺ったところ、

「まずは来院してみて、先生の説明を聞いてみてほしい」とのことでした。

現状を知り、その後ご本人・ご家族様含めて治療について知っていっていただけたら幸いです。

 

この男性のお声が、膝痛で悩まれている方へ届きますように🍀