大鶴 任彦

第95回日本整形外科学会において変形性膝関節症に対する再生医療(PRP-FD)の発表を行って来ました

第95回日本整形外科学会において変形性膝関節症に対する再生医療(PRP-FD)の発表を行って来ました

大鶴 任彦

第95回日本整形外科学会において変形性膝関節症に対する再生医療(PRP-FD)の発表を行って来ました

第95回日本整形外科学会において変形性膝関節症に対する再生医療(PRP-FD)の発表を行って来ました

神戸で開催された第95回日本整形外科学会学術総会で、再生医療の発表を終えたのでご報告申し上げます。

演題名は「変形性膝関節症に対するPFC-FD治療におけるMRI三次元自動解析ソフトウェアを用いた関節軟骨評価-単回注射vs.3回注射-」です。

演題名にあるPFC-FDとは、クリニックで「PRP-FD」として提供している血液を用いた治療です。

結論として、1回の注射より3回のほうが成績が良好であったことを口演してきました。

整形外科の中でも最大規模の学会に演題を出すことは、競合施設との差別化に大変意義があると考えています。

来年の本学会にも演題が出せるよう、準備を整えて参ります!

大鶴 任彦

【執筆者】大鶴 任彦 院長

<資格>医師免許(医籍登録番号398936)/医学博士(学位証明番号 乙第2899号)/日本整形外科学会認定専門医/日本股関節学会学術評議員/身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)/厚生労働省認定臨床研修指導医