大鶴 任彦

第1回日本Knee Osteotomy & Joint Preservation研究会で講演を行うことが決まりました

第1回日本Knee Osteotomy & Joint Preservation研究会で講演を行うことが決まりました

大鶴 任彦

第1回日本Knee Osteotomy & Joint Preservation研究会で講演を行うことが決まりました

第1回日本Knee Osteotomy & Joint Preservation研究会で講演を行うことが決まりました

10月23日(土)に大阪で開催される、第1回日本Knee Osteotomy & Joint Preservation研究会(直訳すると「膝関節骨切り術と関節温存研究会」)で、アフタヌーンセミナーの講演と座長を務めさせていただくことが決まりました。

研究会の会長は大阪保健医療大学の中村憲正教授です。

全国の膝専門の整形外科医に対して、僕らが日々取り組んでいるバイオセラピー(再生医療)の治療成績、トピックス、自由診療におけるエビデンスの構築、インフォームドコンセントの留意点などにつき、しっかりとプレゼンテーションして参ります。

以上皆様にご報告させていただきます。

大鶴 任彦

【執筆者】大鶴 任彦 院長

<資格>医師免許(医籍登録番号398936)/医学博士(学位証明番号 乙第2899号)/日本整形外科学会認定専門医/日本股関節学会学術評議員/身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)/厚生労働省認定臨床研修指導医