大鶴 任彦

変形性膝関節症の再生医療(バイオセラピー)の種類と効果について

変形性膝関節症の再生医療(バイオセラピー)の種類と効果について

大鶴 任彦

変形性膝関節症の再生医療(バイオセラピー)の種類と効果について

変形性膝関節症の再生医療(バイオセラピー)の種類と効果について

当院の作製しているブランドサイトに、「膝の再生医療(バイオセラピー)の種類と効果【2020年版】」というテーマで最新情報を掲載しました。

再生医療(整形外科の世界ではバイオセラピーと呼ばれています)は一般的には「高額な自費診療」との印象だけが一人歩きしているかもしれません。

どんなメカニズムで効果を発揮するのか、痛みや関節の損傷はどの程度回復するのかに関する医学的根拠(エビデンス)が十分に世に広まっていないことが原因だと思われます。

2020年9月に刊行された「関節外科-基礎と臨床-特集 幹細胞・PRP・衝撃波-Biologic healingのエビデンス」は、全国の専門家がその研究結果を掲載している画期的な1冊です。

今回はこの雑誌から変形性膝関節症に対する再生医療(バイオセラピー)の最新知見についてまとめましたので、ご参照ください。

https://www.knee.or.jp/about-oa/regenerative_medicine/

大鶴 任彦

【執筆者】大鶴 任彦 院長

<資格>医師免許(医籍登録番号398936)/医学博士(学位証明番号 乙第2899号)/日本整形外科学会認定専門医/日本股関節学会学術評議員/身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)/厚生労働省認定臨床研修指導医