大鶴任彦

当院の変形性膝関節症に対する培養幹細胞治療が雑誌で紹介されました

当院の変形性膝関節症に対する培養幹細胞治療が雑誌で紹介されました

大鶴任彦

当院の変形性膝関節症に対する培養幹細胞治療が雑誌で紹介されました

当院の変形性膝関節症に対する培養幹細胞治療が雑誌で紹介されました

自費診療の専門雑誌である「自費研plus」の11月号(巻頭特集 再生医療)に「既存治療を補完する選択肢として培養幹細胞治療の現状とこれから」という題名で、我々の治療が紹介されました。

当院の治療成績はもちろんのこと、この治療における医学的根拠の構築に向けた問題点や今後の展望につき述べています。

この雑誌は大宮ひざ関節症クリニックの待合室や各診察室に置き、患者様が自由に閲覧できるようにしております。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

大鶴 任彦

【執筆者】大鶴 任彦 院長

<資格>医師免許(医籍登録番号398936)/医学博士(学位証明番号 乙第2899号)/日本整形外科学会認定専門医/日本股関節学会学術評議員/身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)/厚生労働省認定臨床研修指導医